HMBには、筋肉が身体に付くのをサポートしてくれる、トレーニング中に筋肉が分解されるのを防いでくれると言う役割があり、ハードなトレーニングを行う方は必須の栄養素です。

 

そして、最近の研究でも明らかにされているのが、HMBはクレアチンと呼ばれるアミノ酸と同時に摂る事で、相乗効果があると言う事。よりHMBの働きを高めてくれると言う訳ですね。

 

元々はHMBのみ配合されたサプリメントが販売されていましたが、クレアチンと合わせて摂ると良いと言う事が分かり、今では色んな業者でクレアチン配合のHMBサプリを販売しています。

 

クレアチンの働きとは?

 

ここで改めてクレアチンの働きについておさらいしておきましょう。クレアチンは食べ物で言えば牛肉に多く含まれているアミノ酸で、ステーキとして摂取しているボディビルダーも多いです。

 

なぜこうも筋肉を必要とされるビルダーに好まれるのか、それはクレアチンが持つ効果にありました。例えば、ベンチプレスの記録を伸ばしたい時には、トレーニングを欠かす事は出来ませんが、もちろん栄養の摂取も欠かせません。

 

そして特に重要な栄養素がクレアチンです。筋肉が収縮して力を発揮するエネルギーを供給してくれる働きがありますので、6RM以下の激しく瞬発力が要求されるトレーニングを行う時に、効果をよりもたらしてくれるようになります。

 

ボディビルダー以外にも、パワーリフティングの選手や陸上の短距離走の選手などは、サプリメントとしてクレアチンを摂取している方も多いのです。さらには、筋肉を肥大させる効果、水分を摂り込む効果もあるため除脂肪体重の増加にも期待が持てるようになります。

 

HMBとの相互関係は?

 

HMBの飲み方やタイミング でも解説をしていますが、HMBはトレーニング前に摂取をする事で、激しいトレーニングで筋肉がエネルギーとして分解されるのを防いでくれると言う役割があります。

 

実際にも、HMBのみを摂取、クレアチンのみを摂取、HMBとクレアチンを併せて摂取してトレーニングを行った実験がありますが、こちらでもHMB+クレアチンを摂ったグループが、最も除脂肪体重の増加、筋肉強度が増加したと言うデータがあります。

 

サイトの運営者である私も、かつてはトレーニング直後にプロテインとクレアチンだけを飲んでいましたが、そこにトレーニング前のHMBを加えた事で、以前よりも減量時に除脂肪体重の減少率が少なくなったような気がします。

 

トレーニング前にHMB、トレーニング直後にクレアチンを飲む。たったこれだけの事のように感じますが、激しいトレーニングを行う事で筋肉はボロボロ。当然良質な栄養を送り込まなければ、筋肉を分解してアミノ酸を体内に補給しようと言う働きが強まってしまいます。

 

どっちを優先的に飲むべき?

 

もちろん、どちらか1つだけ摂取をしながら日々肉体改造に励むのも良いですが、より早く確実に効果を実感したいのであれば、研究結果にも出ているようにHMBとクレアチンを併せて摂る事をおすすめします。

 

ただ、これはあなたがトレーニングでどうなりたいかによって変わってくると言っても良いでしょう。例えば、これから減量をしていきたい。少しでも筋肉を減らさないようにしながら脂肪だけを落としていく、と言うのであればHMBサプリがおすすめです。

 

減量をする時には、必ずと言っていいほど筋肉も落ちてしまいます。ベテランのボディビルダーの方でさえ、減量時には数kgの筋肉が失われてしまうと言われていますよね。

 

食事を抜くと筋肉が弱まる。かと言って、筋肉に必要なお肉やお魚を食べていたのでは余分なエネルギーを摂ってしまう。そんな時には、必要なHMBのみを効率良く摂れるHMBサプリがおすすめであると言う訳ですね。

 

逆に、今はガリガリの体型だけどこれから努力をして筋肉を付けて行きたい方にはクレアチンの方がおすすめです。もちろん、HMBにも筋肉合成効果はありますが、クレアチンは除脂肪体重を増やすサプリメントとして右に出る物はありません。

 

プロテインでバランス良くアミノ酸を確保して行きながら、同時にクレアチンを摂ると良いでしょう。

 

HMBとクレアチン、飲むタイミングは?

 

HMBもクレアチンも医薬品ではありませんので、特に飲むタイミングが指定されている訳ではありません。

 

ただ、より効果を実感する飲み方をするのであれば、このページでも解説をしてきましたが、HMBがトレーニング前、クレアチンはトレーニング後に飲むのが1番ではないでしょうか。

 

特に筋トレの前後と言うのは、サプリメントのゴールデンタイムです。出来る限り30分前後の間に飲むようにする事で、トレーニングでも筋肉が分解されない、鍛えた後も筋肉に良質な栄養を送り込む事が出来ます。

 

必ずしもこれらのサプリメントを使わなくても筋肉は付いていきますが、長い道のりになると言えるでしょう。ジムにいるマッチョは、みんなこういったHMBやクレアチン、プロテインと言ったサプリメントを使用しているのです。